英国 Firebox は、世界一辛いピーナッツバター「Instant Regret Peanut Butter」を近日発売します。

1,200万スコヴィルの辛さを持つ「Instant Regret Peanut Butter」
1,200万スコヴィルの辛さを持つ「Instant Regret Peanut Butter」
 
Instant Regret Peanut Butter (買ったら後悔するピーナッツバター)は、チリペパーの王様と呼ばれる「King Naga(キングナーガ)」を使用。その King Naga から抽出したカプサイシンにハバネロエキスをプラスすることで、1,200万スコヴィルという驚異の辛さを実現したそうです。
 
同社の販売サイトには次のようにあります。
 
「正直に言って、我々が予想したよりも辛いものになってしまった。本当に、本当に辛いので、子どもやペット、それにお年寄りの食用には適していない。パンに塗りすぎないように注意していただきたい。塗りすぎると、せっかくのトーストが台無しになってしまう。また、運転中などには絶対に食べないで欲しい」
 
塗りすぎるとトーストを台無しにするピーナッツバターって、商品としてどうなんでしょう?でも、Instant Regret Peanut Butter はただ辛いだけの製品ではないようです。ピーナッツには最高級のものが使用されており、ピーナッツの豊かな香りが楽しめるそう。ただし、口に入れてしまうと、あまりの辛さに味はよくわからないとか。うーん、それって最高級のピーナッツを台無しにしてるんじゃ…?
 
内容量は190gで、価格は6.99英ポンド。EU 圏内でのみ購入可能です。
 
また、同社では640万スコヴィルの辛さを持つミルク(!)チョコレート「Instant Regret Chilli Chocolate(買ったら後悔するチリチョコレート)」も販売しています。
 
 
こちらには、次のような解説があります。
 
「もしあなたがどんなものにでもタバスコをかけて食べるタイプの人なら、Instant Regret Chilli Chocolate は夢のチョコレートとなるだろう。だが、心臓が弱い人は食べない方がよい。罰ゲームにも利用しない方が良いだろう。厳密に言えば、これはチョコレートとさえ呼べない代物だからだ。
 
まだその辛さを疑っている人のために最後の忠告をしておく。Instant Regret Chilli Chocolate は、本当にとんでもなく辛い。工場が製造を嫌がったほどだ。実際、工場から届いたものの辛さは、我われの想像を超えていた。だが、忘れてはいけない。痛みのないところには、喜びもないことを」
 
……正直、何を言いたいのかよくわかりません。こちらも価格は、6.99英ポンド。いまの彼とどうしても別れたいという方、バレンタインのプレゼントにいかがでしょうか?こちらも、EU 圏内でのみ購入可能です。