無地のジグゾーパズルは確かに難しいですが、すでに世の中に存在します。それでは面白くありません」(担当者)

 

先日当サイトでレビュー記事を掲載した「サバイバルせんべい iPhone 5専用ケース SV3818」を販売する楽喜は、同商品製作途中で割れてしまったせんべいを有効活用したという「世界一難しい!?リアル iPhone ケースパズル SV381」の Web 通販を12月10日に開始した。価格は381円。

 

予想はしてた

予想はしてた

 

■なぜ作ろうと思ったのか…

同社によると、11月に販売開始した「サバイバルせんべい iPhone 5専用ケース SV3818」は製造が追いつかないほどに注文を受けており、通算500個強の「サバイバルせんべい iPhone 5専用ケース SV3818」を出荷したという(12月11日現在)。

 

しかし、1個の製品を作るのに5個~10個程度は割れてしまうらしく、そのため現在数千個分の割れてしまった iPhone ケースが残り、社員全員でも食べきれなくなっているそうだ。

 

今回の商品は、製作途中に壊れた同ケースをパズルのように復元している社員を見た同社代表が、もしかしたら「ベーシックな形の一番難しいパズルになるかもしれない」と思いつき発足させた“世界最難のパズル”開発プロジェクトの集大成となっている。

 

■「パズル」は娯楽の域を超えた…

商品アイデアはまとまったが、それを実際にどうやって作るかが問題だった。今回この難関に挑んだのは、同社社員である水田氏。

 

自称パズルオタクの粋を集め、苦心の末「揃わないジグゾーパズルがあってもいいのではないか?」と既存のパズルの固定観念を打ち破る珍アイデアを考えだし、最終的に「世界最難関の iPhone ケースジグゾーパズル」が完成したという。

 

おなじみのマリコさんとキミエさんの新カット

おなじみのマリコさんとキミエさんの新カット

 

■すべてはユーザーのために…

「サバイバルせんべい iPhone 5専用ケース SV3818」の発売時、問い合わせやメールで「買ってみたいけど、せんべい1個で3,818円はちょっと手が出ない」という言葉も多数もらったという同社。

 

なんとか安くこの「サバイバルせんべい iPhone 5専用ケース SV3818」を提供できないものかと考えた末、「世界一難しい!?リアルiPhoneケースパズル SV381」を10分の1以下の381円で販売することに決めたという。

 

■苦渋のコストカット…

壊れてしまった iPhone ケースをジグゾーパズルに加工すると言っても、それには大変な技術力が必要となり、もちろんコストがかさんでしまう。そのため、単純に家で炊いたお米などをすりつぶして糊の代わりにし、商品に付属する設計図通りに仕上げてもらうことでパズルを楽しめるような仕様にしたという。

 

■味も聞いたほうがいいのかな…

「この『世界一難しい!?リアルiPhoneケースパズル SV381』の味は『サバイバルせんべい iPhone 5専用ケース SV3818』と何ら変わりはございません。むしろ焼きすぎて割れた場合がほとんどですので、前回の商品よりもよく火が通っているため香ばしさが増し、社内でもむしろおいしいという意見が多くなっています」(担当者)。

 

ちなみに、パズルで飽きた場合は、正月のお雑煮のトッピングやおせちに飽きたお父さんのお酒のつまみにも最適なため、壊れた iPhone ケース1個分よりかなり多めにせんべいを入れているそうだ。

 

さて、注文しますかー。

 

執筆:京都三条 糸屋のむすめ