えん食べ編集部では「『おもちゃのカンヅメ』を当てるには、森永チョコボールを何箱買えばよいのか?」という企画を実施。森永チョコボールを100箱購入し、見事銀のエンゼル5枚を引き当てることに成功しました。

あれから早2週間。編集部には森永製菓さんから「おもちゃのカンヅメ」が到着しました!

これが、おもちゃのカンヅメ!
これが、おもちゃのカンヅメ!
 
■おもちゃのカンヅメはオレンジ色の箱に入って、宅急便でやってきた!
 
おもちゃのカンヅメは、オレンジ色の箱に入って宅急便で届きました。この時点ではまだ中身がどのようなものか、わかっていません。もしや、どでかいカンヅメが入っているのでは? とちょっとびびります。
 
ご当選おめでとうクエッ!
ご当選おめでとうクエッ!
 
恐る恐るオレンジ色のダンボール箱を開けてみると、そこには巨大なカンヅメ……ではなく、巨大なキョロちゃんが!これが「おもちゃのカンヅメ」、その名も「NEW キョロ缶」のようです。
 
目があっちゃいました!
目があっちゃいました!
 
巨大と言っても、それはあくまで森永チョコボールのパッケージに描かれたキョロちゃんに比べれば、という話。実際のサイズは高さ16x幅9x奥行16cm。重さは210gです。
 
奥行(?)は16cm
奥行(?)は16cm
高さも16cm
高さも16cm
幅は9cm で、重さは210g です。
幅は9cm で、重さは210g です。
 
■おもちゃのカンヅメには、缶切りは不要
 
おもちゃの「カンヅメ」ということで、えん食べ編集部は「モモ缶」のようなものを想像。「缶切り」を用意して待っていたのですが、これは完全な勘違いでした。おもちゃのカンヅメとは、おもちゃが中に入ったキョロちゃん型容器。なので、缶切りは不要です!
 
■中には、5種類のおもちゃが
 
「キョロ缶」をあけてみます。中には、キョロちゃんがテーマになった5種類のおもちゃが入っています。
 
キョロちゃんには、5種類のおもちゃが詰まってます
キョロちゃんには、5種類のおもちゃが詰まってます
モザイクでごめんなさい!  森永製菓さんからの依頼で中身は非公開となりました
モザイクでごめんなさい!
森永製菓さんからの依頼で中身は非公開となりました
 
キョロ缶に封入されたおもちゃの対象年齢は、5歳前後といったところでしょうか?小学校高学年以上の子どもが受け取ると、ちょっとがっかりするかもしれません。でも、このキョロ缶本体はしっかりした作りで、もらうと嬉しいと思います。正直、大人でも、ちょっと嬉しく感じました。いや、大人の方がうれしいかな?
 
■おもちゃのカンヅメは思ったよりもたくさんの人に送られているぞ!
 
さて、森永製菓の Web サイトには次の一文があります。
 
「毎月17,000人くらいの方におもちゃのカンヅメをさしあげています」
 
これが本当だとすると、年間に20万人程度がおもちゃのカンヅメを受け取っているということになります。20万人って、結構な数ですよね。
 
おもちゃのカンヅメのターゲットは、その中身から考えておそらくは小学生以下でしょう。内閣府が発表している平成23年版子ども・若者白書によれば、平成22年5月1日時点の日本の小学生の数は全国で700万人足らずです。すっごく、とてもすっごく乱暴に見積もると、小学生のうち35人に1人くらい、つまりクラスに1人くらいはおもちゃのカンヅメをもらってる計算になります。
 
(「中学生だってもらってるはずだぞ」とか、「えん食べ編集部だってもらってるじゃないか、お前らは小学生か!」、というツッコミは一旦おいといていただいて……)
 
そんなに出回っているはずのおもちゃのカンヅメ。でも、その実物を筆者が目にしたのは、これがはじめてです。ちょっと不思議な気がしました。もらった人、こっそり隠しているのでしょうか?周りの人に見せびらかしたりしてないのでしょうか?
 
■ところで、エンゼルを送ってからおもちゃのカンヅメが届くまでの期間は?
 
今回森永製菓さんに銀のエンゼル5枚を送ったのは11月19日でした。おもちゃのカンヅメ到着は12月3日。つまり、おもちゃのカンヅメは、応募からぴったり2週間で届いたことになります。
 
ということで、お子さんのクリスマスプレゼントにおもちゃのカンヅメを贈ろうかと考えているお父さん。いまから森永チョコボールを買いに走れば、クリスマスまでにおもちゃのカンヅメが届くかもしれませんよ。