インスタント麺と言えばカップ麺を先に思い出す人が圧倒的だとは思いますが、袋麺のことも忘れないでほしい。四角く成型された麺を小鍋に入れ、ぐつぐつと煮立てる。お好みで野菜も入れたりして、インスタント麺ながらカップ麺よりもはるかに豪華な食事ができます(筆者独自の見解)。

袋麺はラーメンのシェアが圧倒的ですが、焼きそばも忘れちゃいけません。湯切りするだけのカップ麺とは違い、実際に炒めるという工程が加わることで、インスタントながらなかなかのクオリティーとなるのです(筆者独自の以下略)。と、ここまで袋麺のお話をしてまいりましたが、今回紹介したいのはこちら! ご覧ください!

スーパーで5つ398円(筆者のイメージ)とかで売ってるやつです。

スーパーで5つ398円(筆者のイメージ)とかで売ってるやつです。


…袋麺じゃないの? いやいや、よく見るとこれ、チップスって書いてあるでしょう? 引っ掛けか! と怒られそうですが、今回ご紹介したいのは「チキンラーメンチップス」・「日清焼そばチップス」・「カラムーチョチップス ホットチリ味」のたべきりサイズ5個パックでございます。本当にこんな感じで5個入りの袋麺ってありますよね、騙されるところでした。

たべきりサイズになったチキンラーメンチップスと日清焼そばチップスは、湖池屋日清のコラボプロジェクト「UNIQUE PROJECT」から誕生した人気の商品。ロングセラーのカラムーチョと共に今回、25g×5個のたべきりサイズとなりました。

焼そばもあるでよ

焼そばもあるでよ


ポテトチップスって開けたら最後、残しておくつもりでもなぜか全部食べきっちゃうんですよね…どうして取っておけないんだろう…。このたべきりサイズなら、食べちゃった後悔をすることがなくなります。スバラシイ。どんな味か気になるという方も、まずはこちらのサイズで試してみるのはいかがでしょうか。