えん食べでは以前、英国の大学が取り組んでいるプロジェクト「Ento」を紹介しました。同プロジェクトでは、一見昆虫とはわからないメニューを開発・提供することで、人々が昆虫を食べることへの抵抗感を無くすことを目指しています。

でも「そんな取り組みは生ぬるい!」とばかりに、昆虫を昆虫の外見のまま食べてしまおうという力強いイベントが、ここ日本でも開催されます。
 
東京中野で開催される「東京虫食いフェスティバル Vol.4」は、昆虫食を楽しむためのプロジェクト。地球生態系における虫の働きに感謝する意味を込めて、勤労感謝の日である11月23日に開催されます。「Vol.4」とあることからもわかるように、今回で4回目となる人気イベントです。
 
 
同イベントでは、これからの食料としての「昆虫」に対して、様々な角度から迫っていきます。
 
イベントでは、「昆虫料理コンテスト」を開催。日本で唯一の昆虫料理研究家である内山昭一率いるバグイーターたちが、応募者渾身の昆虫料理をジャッジ!未来の食を担う昆虫料理人の発掘を行います。
 
また、NGO ラオス担当者によるタイ・ラオス昆虫食レポートや、食用昆虫科学研究会による研究発表など、昆虫食の現状に関する最新の報告も行われます。
 
イベントは堅苦しい話ばかりではなく、「虫ガール」としても有名な「メレ山メレ子」さんによるトークショーや、ドキュメンタリー映画「むしくい」ダイジェスト版の公開など、エンターテインメント要素も盛り沢山!
 
トークショーに出演する「虫ガール」メレ山メレ子さん
トークショーに出演する「虫ガール」メレ山メレ子さん
 
東京虫食いフェスティバルは、2012年11月23日 17:00スタート。料金は2,000円。場所は東京中野の桃園会館です。
 
 
えん食べ編集部では、当日潜入取材を敢行。イベントの模様を後日報告する予定です。